イメージ画像

最新バスルーム事情

こんにちは、札幌浴室リフォームドットコム担当小林です。

お風呂は毎日の生活において欠かせない存在。

シャワー派という方もいるかもしれないが、やはり疲れを取ったり体を温めるには、浴槽につかることが一 番。  ところでそんなバスルームの最新事情についてご存じの方はいるだろうか。

じつは、最近のバスルームの売りはジャグジーどころではない、かゆいところに 手が届く驚きの機能や設備が満載なのです。

今回は、そんな国内を代表するメーカーの最新バスルームを紹介したい。

■LIXIL システムバスルーム『SPAGE(スパージュ)』

Ignite_06628_1
“肩湯”や“打たせ湯”を搭載したくつろぎの風呂

001_000_006

肩湯“アクアフィール”は、ヘッドレストに頭をもたせ、吐水口から出る湯で首を直接温めることができるため、体への負担が少ない入浴が可能。オー バーヘッドシャワー“アクアタワー”は、お湯が全身を包み込むように設計されているため、ボリュームのあるシャワーを楽しめる。さらに打たせ湯機能があ り、肩など凝った部分にピンポイントで落下するお湯を当てて、心地よい刺激とマッサージ効果も。

 

■TOTO 戸建向けシステムバスルーム『サザナ』

image_280
 マンションリモデルバスルーム『ひろがるWFほっカラリ床シリーズ』

湯が冷めにくく、翌朝には床がカラッと乾いて快適

image_display

使用した翌朝には乾いて靴下のまま浴室に入ることができる “ほっカラリ床”は、柔らかい踏み心地で、室温とほぼ同じ温度に保たれる快適な機能。また“魔法びん浴槽”という高断熱の浴槽により、4時間後の温度低下 を2.5度以内に抑えるため、時間がたっても温かいお風呂に入ることができる。

■ パナソニック『パナソニック バスルーム Oflora(オフローラ)』
美肌ケアができるシャワーや、気分によって変えられる照明が充実

img_kv01

空気の泡を含んだシャワーで、油脂汚れを落とす新機能“エステケアシャワー”は、通常のシャワーより汚れ残りが少なくなるだけでなく、シャワーの肌 あたりもやわらかに。

また光の色を変えられるLED照明は、朝や肌の手入れをするときの白色のすっきりした明かり、浴槽でくつろいで入浴するときの電球色 の明かりと、それぞれの入浴シーンに合わせた明かりを演出できる。

単なる“入浴”という行為ではなく、“くつろぎ”、“美容”といったさまざまなプラスαの機能が搭載されているバスルーム。これからも進化し続けるであろうバスルームから目が離せない。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年7月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ

  • 最新バスルーム事情 │ 札幌浴室リフォーム.com