ご家庭のお風呂の形やご予算などに応じて最適な工法をご提案致します。




在来工法


下地材で防水を行ない、その上にタイルなどを貼って仕上げたものです。ですからその防水下地に亀裂が入れば水漏れを起こします。

在来工法は各々の家ごとの条件に合わせて現場で造ります。そのため、極端に縦長の空間や変形の空間にもきちんと納まります。
大きな排水口を利用することによって在来工法でも段差の無い浴室を作ることができます。


在来工法のメリット

・浴槽の素材や大きさを自由に選べる

・変形・異形の浴室に対応できる

・オリジナリティがある

・設計の自由度が高い

・せまくならない

・隣接した部屋にほとんど影響を与えることなく工事を進めることができる


在来工法のデメリット

・費用が高め

・防水性が、システムバスに比べて劣る

・防水工事が必要となる

・搬入に手間がかかる場合もある

・工期が長い

・浴槽が直接地面に接する場合にはカビや白アリに注意

・掃除しづらい場合がある

・大工さんの腕によって出来上がりにばらつきが出る

・解体廃材が出る





システムバス工法(ユニットバス)


メーカーが工場で製造する床・浴槽・壁パネル・天井パネル・ドアの各パーツを選び、現場でそれらを組み立てるものです。

一言で表現すると「大きなカプセル」。工場生産でつくられる「浴室ユニット」のカプセルを住まいの中にすっぽり収める工法です。


システムバス工法のメリット

・自立構造なので家に負担をかけない

・保温性に優れている

・機能・防水・耐久性が高い

・種類が豊富にある

・現物が見られる

・日々のお掃除が簡単

・費用が安め


システムバス工法のデメリット

・商品によって費用に幅がある

・従来の浴室より少しせまくなる場合がある

・脱衣所の工事が必要になる

・変形、異形の浴室に対応できない

・解体廃材が出る




パネル工法


主に在来浴室のタイル壁や天井に浴室パネルを直接貼るリニューアル工法で、下地の撤去や壁を壊したりする大規模な工事は不要です。


パネル工法のメリット

・費用が安く済む

・変形、異形の浴室に対応できる

・最短1日で施工可能

・オリジナリティが出せる

・施工時に出るゴミが少ない


パネル工法のデメリット

・パネルを加工する場所が必要になる





バスリフレッシュ工法


浴槽を取り替えるのではなく、現状の浴槽に特殊塗装を施すことで、キレイで衛生的なお風呂へ。


バスリフレッシュ工法のメリット

・短納期で施工できる

・費用が安く済む

・せまくならない

・施工時に出るゴミが少ない


バスリフレッシュ工法のデメリット

・オリジナリティがあまりない

・機能性が低い





ハーフユニットバス

ハーフユニットバスは浴槽と洗い場、及び壁の下部までがユニット化されているものを指します。壁上部と天井は後付けとなりますから、その部分をオーダーメイドでつくることができます。


ハーフユニットバスのメリット

・防水の手間がない

・上半分は自由なデザインにできる

・天井高が低い場合も大丈夫


ハーフユニットバスのデメリット

・造り方によっては工期・予算がかさむ場合も

・オリジナリティがあまりない

・メーカーや商品にバリエーションが少ない

・機能性が低い






  • 浴室リフォーム工法比較 │ 札幌浴室リフォーム.com