イメージ画像

最近のお客様の悩み

こんにちは、 札幌浴室リフォーム.com 担当小林です。

当店は住宅まわりの工事なら何でも行っておりますが、今回はリフォームことについてお話したいと思います。

img2

当社で多いご相談事例が「立て替えOrリフォーム」で悩んでいるというお客様です。
住宅会社に行くと建て替えを勧められるし、リフォーム会社はリフォームで大丈夫ですよ、
と言われる。どうして良いか分からず、ずっと計画が止まったままで話が進まない、といっ
たご相談です。

特に築年数が30年くらいの住宅にお住まいのお客様が多いですね。
間取り変更はもちろんだが、耐震的にどうか?寒くないようにできるか?など、色々な悩み
をお抱えです。

この築年数であれば無理に建て替えなくてもリノベーションで十分いけるのですが、
リノベーションしてどう変わるのか想像できない、イメージできないので決断できない、と
いった方々がほとんどです。

もちろん、建物の状態、ご要望によってはリノベーションでは実現できない事もあります。
当社の場合、たくさんのリノベーション事例の中から、ビフォーアフターなどをご覧
頂き、お客様にどう変わるかをイメージして頂きます。

結果的にリノベーションで進まれる方も多いです。

また、リノベーションはデザインの流行や技術の進歩によって、トレンドが変わるもの。

最近では、その一つに「スタジオタイプ」が挙げられます。

ワンルームや2DK、3LDKなどはよく聞きなれた間取りですが、スタジオタイプとは、どのような間取りのことを言うのでしょうか?

スタジオタイプは、もともとはニューヨークなどでみられる、100㎡程度のワンルームの間取りをいいます。日本の場合には、30㎡~50㎡程度の間取りでもスタジオタイプと呼ばれています。

50㎡の広さの場合には、1LDKや2LDKが一般的です。

間仕切りのないスタジオタイプで暮らしたい場合には、中古マンションでリノベーションすることがオススメです。

<そもそもリノベーションとは?>
普通、マンションのメンテナンスというと、壊れたり劣化してしまった部分の修理・交換が主な内容です。要するに「リフォーム工事」のことで、壁紙の張り替えや浴室タイルの交換などが例として挙げられます。リノベーションとはそういった部分的なメンテナンスではなく、間取り変更を含めた大規模な改修のこと。改修時には専有部分をほぼ全て解体、新しい住空間として再生するのが特徴です。また改修と同時に最新の耐震補強やIT環境など、新築時にはなかった新しい機能をプラスして、資産価値をグンと上げることも可能。建物自体は壊さずに利用できるので、環境に配慮した住まいとして評価され、最近ではマンションのみならず一戸建てでもリノベーション物件が多くみられるようになっています。
リノベーションにはもちろんそれなりの費用がかかりますが、それでも人気エリアでは同じ広さの新築を買うよりは安く済む場合がほとんど。都心を中心にリノベーション物件の人気が高まっているのも頷けます。「新築にはちょっと手が届かない」という方も、リノベーションでお得に理想のマイホームを手に入れられるかもしれません。

タグ

2016年10月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

最新バスルーム事情

こんにちは、札幌浴室リフォームドットコム担当小林です。

お風呂は毎日の生活において欠かせない存在。

シャワー派という方もいるかもしれないが、やはり疲れを取ったり体を温めるには、浴槽につかることが一 番。  ところでそんなバスルームの最新事情についてご存じの方はいるだろうか。

じつは、最近のバスルームの売りはジャグジーどころではない、かゆいところに 手が届く驚きの機能や設備が満載なのです。

今回は、そんな国内を代表するメーカーの最新バスルームを紹介したい。

■LIXIL システムバスルーム『SPAGE(スパージュ)』

Ignite_06628_1
“肩湯”や“打たせ湯”を搭載したくつろぎの風呂

001_000_006

肩湯“アクアフィール”は、ヘッドレストに頭をもたせ、吐水口から出る湯で首を直接温めることができるため、体への負担が少ない入浴が可能。オー バーヘッドシャワー“アクアタワー”は、お湯が全身を包み込むように設計されているため、ボリュームのあるシャワーを楽しめる。さらに打たせ湯機能があ り、肩など凝った部分にピンポイントで落下するお湯を当てて、心地よい刺激とマッサージ効果も。

 

■TOTO 戸建向けシステムバスルーム『サザナ』

image_280
 マンションリモデルバスルーム『ひろがるWFほっカラリ床シリーズ』

湯が冷めにくく、翌朝には床がカラッと乾いて快適

image_display

使用した翌朝には乾いて靴下のまま浴室に入ることができる “ほっカラリ床”は、柔らかい踏み心地で、室温とほぼ同じ温度に保たれる快適な機能。また“魔法びん浴槽”という高断熱の浴槽により、4時間後の温度低下 を2.5度以内に抑えるため、時間がたっても温かいお風呂に入ることができる。

■ パナソニック『パナソニック バスルーム Oflora(オフローラ)』
美肌ケアができるシャワーや、気分によって変えられる照明が充実

img_kv01

空気の泡を含んだシャワーで、油脂汚れを落とす新機能“エステケアシャワー”は、通常のシャワーより汚れ残りが少なくなるだけでなく、シャワーの肌 あたりもやわらかに。

また光の色を変えられるLED照明は、朝や肌の手入れをするときの白色のすっきりした明かり、浴槽でくつろいで入浴するときの電球色 の明かりと、それぞれの入浴シーンに合わせた明かりを演出できる。

単なる“入浴”という行為ではなく、“くつろぎ”、“美容”といったさまざまなプラスαの機能が搭載されているバスルーム。これからも進化し続けるであろうバスルームから目が離せない。

 

タグ

2016年7月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ

  • 最近のお客様の悩み │ 札幌浴室リフォーム.com